車を修理中の代車(レンタカー)費用、保険でまかなえる?

2024年3月8日

万一の自動車事故でお車が損害を受けた場合、損害の程度によっては修理のためお車を使用できない期間が発生することがあります。毎日お車を使用する方であれば、お車がない生活はとても不便なもの。代車としてレンタカーを利用する必要が出てきますが、果たしてその費用は自動車保険で補償されるのでしょうか?
ここでは、修理中の代車(レンタカー)費用を補償してくれる特約や、提携修理工場の無料代車サービスについて解説します。

代車(レンタカー)費用は特約で補償される

自動車保険には、ご契約のお車が修理などで使用できない場合に、代車(レンタカー)費用を補償する特約が用意されていることが一般的です。特約の名称は保険会社によって異なりますが、イーデザイン損保の自動車保険&e(アンディー)の場合は「事故時レンタカー特約」という名称で用意されています。この「事故時レンタカー特約」を例に、保険による代車費用の補償について詳しく見ていきましょう。

「事故時レンタカー特約」の補償内容

事故時レンタカー特約を利用できるのは、車両保険の支払い対象となる事故で、ご契約のお車が修理などのため使用できなくなった場合です。お車が全損となってしまった場合や盗難された場合にも補償されます。一方、自然消耗や欠陥などの内的要因による故障については、車両保険の支払い対象とはならず、事故時レンタカー特約も利用できません。
また、この特約は車両保険とセットで付帯できる特約のため、車両保険に加入していない場合、事故時レンタカー特約を付帯できませんので、注意しましょう。

利用例を見てみましょう。
例えば単独事故でお車が破損してしまった場合、破損した車の修理をしている間に借りたレンタカー費用がこの特約で補償されます。支払われる保険金は定額ではなく、実際にレンタカー利用にかかった金額が補償されます。

事故時レンタカー特約の補償例

  • 日額5,000円のレンタカーを20日使用したとき
    →5,000円×20日=100,000円が保険金として支払われる

ただし保険金額や使用日数には限度があります。&eの場合は1日5,000円まで、支払対象期間中30日分までとなっています。

このように、特約をつけておくことで最大で15万円分のレンタカー代が保険から支払われます。日額は小さくとも、修理日数が長くなるほどレンタカー代の負担は大きくなってしまいます。
自動車保険に車両保険を付ける場合には、事故時レンタカー特約とセットで加入しておくと「レンタカーで予想外の出費が発生してしまった」といった事態を防げるでしょう。

事故時レンタカー特約について、詳しくはこちらをご覧ください。

事故時レンタカー特約

提携修理工場の無料代車サービスを利用する方法もある

自動車保険を扱う保険会社は、高い技術力をもつ修理工場と提携していることが一般的で、車両が損害を受けた場合には、ご要望に応じて提携修理工場を紹介しています。その際、提携修理工場で修理を行うと、代車を無料で利用できるサービスを提供している場合があります。
&eでも同様のサービスを展開しており、全国約800ヶ所にあるセレクトガレージ(提携修理工場)で修理を行うことで、無料代車サービスを利用できます。なお、セレクトガレージを利用すると、代車サービスだけではなく、事故車の引取や、修理後の納車も無料になるため、近くにセレクトガレージがある場合はぜひ活用するとよいでしょう。

&eのセレクトガレージ紹介サービスでは、事故時レンタカー特約とは異なり、車両保険付帯の有無にかかわらずこれらのサービスを利用することが可能です。

事故時レンタカー特約は
こんな人におすすめ

このように、&eではお車を修理中の代車(レンタカー)に関して、事故時レンタカー特約によるレンタカー費用の補償と、セレクトガレージによる「無料代車サービス」の2つを用意しています。

「提携修理工場の無料代車サービスがあるなら、事故時レンタカー特約は必要ないのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、以下のような状況でお車を利用している方には事故時レンタカー特約の付帯を特におすすめします。

  • 毎日の通勤・通学で使用しており、お車がないと生活に支障が出る
  • ご家族に他のお車がない、電車・バスなどの代替交通手段がない
  • ご家族が多く大きなお車が必要、自宅周辺の道路事情が悪いため4WDに乗っている、など特別なお車を所有している
  • 盗難時にも備えたい

理由としては、提携修理工場の無料代車サービスにおける、以下のような注意点があるためです。

代車数には限りがある

提携修理工場で用意している代車数には限りがあります。そのため、代車が空いていない場合には利用できません。いつ事故を起こすのか、そのときに代車があるのかは誰にもわからないことですから、万一の際に確実に代車が必要である、という方は事故時レンタカー特約をつけておいたほうがよいでしょう。

希望する車を借りられるとは限らない

レンタカーであれば、豊富なラインナップの中からお車を選ぶことができますが、無料代車サービスでは、代車の車種やグレードを指定することはできないと考えておいたほうがよいでしょう。子どもも含めて利用するのでファミリータイプでなければ厳しい、悪路を走ることもあるので4WDでなければいけない、といったように車のタイプを指定したい場合に無料代車サービスだと必ず対応できるとは限らないのです。

盗難時には借りられない

代車はあくまでもお車の修理を伴う場合に借りられるものです。お車が盗難された場合には借りられません。また、全損でお車の修理が必要ない場合についても、借りられませんので注意しましょう。

万一代車(レンタカー)で事故を起こしてしまったときには

最後に、レンタカーや、提携修理工場から無料で借りた代車に乗っているときに事故にあった場合にはどうしたらよいのか、確認しておきましょう。

レンタカーや代車にすでに保険がかけられている場合には、その保険から補償されるため心配ありません。ただし、レンタカーや代車の保険では補償されない部分があった場合には、損失分が自己負担になってしまいます。
なお、自動車保険には他人の車を運転中の事故に備える補償が自動付帯されていることが一般的です(&eでも、「他車運転特約」が自動付帯されています)。万一の際に備えて、覚えておきましょう。

監修:新井 智美

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)のほか、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)をおこなうと同時に、金融メディアへの執筆および監修にも携わっている。現在年間300本以上の執筆及び監修をこなしており、これまでの執筆及び監修実績 は2,000本を超える。

資格情報: CFP®、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員