自動車保険を乗り換える際の注意点

2024年3月8日

「保険料を抑えたい」「補償を充実させたい」などの理由で、現在加入している自動車保険から、別の自動車保険に乗り換えを検討している方もいらっしゃるでしょう。そこで、自動車保険を乗り換える際の注意点、および乗り換える際のお手続きについて解説します。

自動車保険を乗り換えるメリット・デメリットは?

まず、自動車保険を乗り換えることにおけるメリット・デメリットを知っておきましょう。

自動車保険を乗り換えるメリット

保険料を抑えることができる

自動車保険を乗り換えることで、保険料を安くできる場合があります。保険会社によっては、走行距離や使用目的、車の使用状況などによって細かく保険料を算出しているため、同じ条件や補償内容でも安くなることがあります。また、代理店を介さずにインターネットで申し込むネット自動車保険を選択することで、代理店型よりも保険料を抑えることもできます。

補償・サービスを充実させることができる

自動車保険の補償やサービスは、各保険会社によって異なります。例えば、ロードサービスにおけるレッカーの無料けん引距離や、ガス欠時の対応などは各社様々です。そのため、自動車保険を乗り換えることで、補償やサービスが充実する場合もあります。

新規契約の特典を受けられる

自動車保険を新規で申し込む際、新規契約のキャンペーンを実施していることがあります。プレゼントがもらえたり、キャンペーンに応募できたりするなど、その内容は保険会社によって異なります。

なお、自動車保険の乗り換えにメリットを感じるものの、「保険会社が変わるとまた6等級からスタートになるデメリットの方が大きいのではないか」と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、満期で乗り換えるなど、所定の条件を満たせば現状の等級を引き継ぐことができます。そのため、自動車保険の乗り換え時期などに注意すれば、等級についてのデメリットが生じることはありません。

自動車保険を乗り換えるデメリット

継続割引が受けられなくなる

前述のとおり、所定の条件を満たせば、自動車保険を乗り換えた際に等級の引き継ぎができます。しかし、同じ保険会社で継続するご契約者に向けて継続割引制度を設けている保険会社もあります。その場合は、乗り換えることで割引を受けられなくなるので注意しましょう。

補償・サービスの変更が伴うことがある

メリットの説明の際にもふれましたが、同じような補償・サービスでも、保険会社によっては内容が異なることがあります。例えば、提携している修理工場は保険会社ごとに異なっているため、いざ事故があったときに、近隣に提携修理工場がないことを不安に思うかもしれません。

このように、自動車保険の乗り換えによって、今まで受けられていた制度の適用が受けられなくなったり、補償・サービスの変更が伴ったりすることもあるので注意が必要です。

自動車保険の乗り換えタイミングに注意!

これらのメリット・デメリットを踏まえたうえで、自動車保険の乗り換えをする際はタイミングに注意しなければなりません。

自動車保険の継続時期が来たときが
おすすめ

自動車保険の乗り換えは満期、つまりは継続のタイミングでの乗り換えがおすすめです。このタイミングを逃すと、等級の引き継ぎで損をしてしまう可能性があるからです。

具体的に考えてみましょう。乗り換え前の自動車保険は保険期間が1年の契約としてご説明します。

自動車保険の等級は、1年間無事故であれば継続時に1等級ずつ上がっていきます。しかし、保険期間中に自動車保険を乗り換える場合は、等級が上がるタイミングが変わってきます。乗り換え前の自動車保険において事故による補償を受けていなかった場合、自動車保険の乗り換え時点から1年間は、乗り換え前と同じ等級になります。したがって、次の等級に上がるタイミングが遅くなってしまいます。また、乗り換え前の自動車保険において事故による補償を受けたことがあった場合、自動車保険を乗り換えたタイミングから等級が下がります。そのため、等級が下がるタイミングが早まってしまうのです。

このように、自動車保険の満期日を待たないで保険期間中に乗り換えた場合、等級を現状のまま引き継ぐことができず損をしてしまう可能性がありますので、避けたほうがよいでしょう。

また、保険期間中に乗り換える際は、解約返戻金にも注意しておきましょう。自動車保険の解約にあたって違約金は発生せず、解約返戻金も戻ってきますが、一般的に日割り計算ではなく、保険会社が設定する短期料率などで計算されるため、タイミングによっては損をすることもあります。

新しい車に買い替えるときは?

新しい車に買い替えるタイミングに合わせて、自動車保険を乗り換えようと考える方もいらっしゃるでしょう。この場合でも、現在加入している自動車保険の保険期間中に自動車保険を乗り換えるのは等級の引き継ぎという点で損をしてしまいます。

満期日に合わせて車を買い替えるのがベストですが、タイミングを合わせるのは難しいので、新しい車を先に購入して、自動車保険の乗り換えは満期日まで待つという選択をする方がおすすめです。ただし、新しい車を購入し、自動車保険の車両入替(自動車保険の補償の対象となるお車を変更すること)を行うと、自動車保険の保険料が上がる可能性もあります。その場合には、等級進行で損をするデメリットも考慮したうえで、保険料を抑えた自動車保険へ保険期間中に乗り換えることを検討するのも一案です。

自動車保険の乗り換え手順

ここまで自動車保険の乗り換えにあたって、そのメリットやデメリット、注意点をご紹介してきました。ここからは、自動車保険を継続のタイミングで乗り換える際の手順をご案内します。

現在加入している自動車保険の保険会社への連絡やお手続きは必要ありません。ただし、自動継続の特約をつけている場合には、お手続き・連絡が必要なので、忘れないようにしておきましょう。
新しい保険会社への乗り換え手続きは、満期日の2~3ヶ月前から可能です。保険会社によって手続きが可能となる期間は異なりますのでWebサイトなどで確認をしておきましょう。保険料については、現在加入している自動車保険の保険証券があれば見積もりが可能です。また、ネット自動車保険であれば、Webサイトで見積もり・申し込みが可能であることが多いでしょう。継続のタイミングで自動車保険の乗り換えをするのであれば、お手続きはネットで完了します。

現在加入している自動車保険から別の会社に乗り換えるのは、お手続きが難しいと思われている方もいるかもしれません。しかし、自動車保険の乗り換えには難しいお手続きは必要ありません。気になる自動車保険があれば、まずは気軽に見積もりをし、検討を始めてみてはいかがでしょうか。

監修:新井 智美

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)のほか、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)をおこなうと同時に、金融メディアへの執筆および監修にも携わっている。現在年間300本以上の執筆及び監修をこなしており、これまでの執筆及び監修実績 は2,000本を超える。

資格情報: CFP®、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員