自動車保険の加入の流れと必要書類について

2024年3月8日

自動車保険に加入する際は、どのような流れで手続きが進み、何の書類が必要なのでしょうか。自動車保険の加入方法は、代理店型自動車保険とネット自動車保険で異なる部分があるので注意しましょう。ここでは、自動車保険の入り方について解説します。

自動車保険加入の流れ

自動車保険に加入する際は、まずはどの保険会社の自動車保険に加入するのか比較・検討を行いましょう。自動車保険の補償やサービスは会社により異なりますし、保険料も主に運転される方やお車の条件、希望する補償内容によって異なります。保険会社や保険代理店、Webサイトなどで、情報収集や見積もりを行い、ご自身のご希望に合っているか確認したうえで、申し込みを行いましょう。
加入方法は、保険代理店を介して申し込む「代理店型自動車保険」か、パソコンやスマホなどを通じて申し込む「ネット自動車保険」のどちらを選択するのかによって変わります。

ここからは、イーデザイン損保の自動車保険&e(アンディー)の加入方法を例に、ネット自動車保険に加入する際の流れを見ていきましょう。

見積もり

まずは見積もりから始めましょう。ネット自動車保険の場合、Webサイトから見積もりができることが一般的です。

初めて自動車保険に加入する場合は、車検証をご用意ください。すでに自動車保険に加入している場合には、現在の自動車保険の保険証券をご用意ください。これらの書類に、見積もりに必要な情報(お車の型式、初度登録年月等)が記載されています。

Webサイトにアクセスして見積もりを開始すると、情報の入力画面が出てきます。Webサイトのガイダンスに従い、見積もりに必要な項目を入力(もしくは選択)してください。入力に戸惑いやすい項目としては、以下のような項目が挙げられます。

  • 等級、事故有係数適用期間
    すでに自動車保険に加入している場合に、入力が必要です。現在の自動車保険の保険証券に記載されています。
  • お車の型式、初度登録年月
    車検証または現在の自動車保険の保険証券に記載されています。

ガイダンスに沿って入力を進めていくと、Webサイト上で保険料の見積結果が提示されます。補償プランは2プラン提示されます。
「もう少し補償内容を変えたい」というときには、Webサイト上で補償プランを変更することができます。ご希望や予算に合わせて、補償プランを変更しながら検討してみましょう。

申し込み

ご希望の補償プランが完成したら、Webサイト上で申し込みを行います。契約者の氏名や連絡先といった個人情報に加え、車台番号や登録番号(ナンバープレートに表示されている文字や番号)といったお車の情報を入力します。これらの情報も、車検証または現在の自動車保険の保険証券に記載されています。
また、&eでは前年走行距離に応じて保険料を算出しているため、申し込み時のオドメーター(積算走行距離計)の値を入力する必要があります。お車のオドメーターを確認のうえ、入力してください。

最後に、契約内容がご自分の希望する内容と合っているか確認のうえ、保険料の支払い手続きにうつりましょう。

保険料支払い

保険料のお支払いはクレジットカード払、Apple Pay払、コンビニ払のいずれかになります。

クレジットカード払やApple Pay払を選択すると、Webサイト上で申し込み手続きが完結します。捺印や郵送などは不要で、その場でお支払いを完了できるので煩わしさがありません(ご契約の条件によっては、必要書類の提出が必要になる場合があります)。
また、クレジットカード払の場合、一括払だけでなく12回払(割増保険料あり)をお選びいただくことも可能です。素早く簡単に、無理のない支払い方法を選択したい場合には、クレジットカード払がおすすめです。

申し込み完了

保険料の支払い手続きが完了すると、申し込み完了となります。
自動車保険の補償は、申し込み時に取り決めた保険開始日から開始されます。なお、&eの場合には、保険開始日当日まで(コンビニ払の場合は保険開始日前日まで)手続き可能なので、保険開始日まで時間が迫っている方も申し込みが可能です。ただし、補償の開始は保険料支払い後となります。

また、ご契約の条件によっては、Webサイトでお手続きする前にお客さまサポートセンターへの連絡が必要な場合もあります。その場合、契約完了までに必要な期間が長くなってしまうケースもあるため、余裕をもって手続きを進めたほうが安心でしょう。

自動車保険加入の際に必要なもの

代理店型自動車保険

代理店型自動車保険に加入する際は、以下の書類を保険会社に提出します。

  • 自動車保険加入申込書(代理店側が用意)

また、お手続き時は、お手元に以下のものをご用意ください。

  • 車検証 または 現在の自動車保険の保険証券
  • 運転免許証
  • 印鑑(不要の場合もあり)

代理店型自動車保険の申し込みには、代理店担当者からの見積もり提示、申込書の郵送などが必要となるため、ネット自動車保険と比較して契約完了までに時間と手間を要します。これらのものを事前に準備してから代理店を訪れると時間のロスを最小限にすることができるでしょう。
印鑑は不要な場合もありますが、念のため持参しておいたほうがいいでしょう。お車を新しく購入した場合には、車検証をお車の購入先から代理店へ送付してもらうとスムーズに話が進みます。

事前に電話連絡にて内容などを確認しておくと、見積もりにかかる時間も短縮できます。いくつかのプランを用意しておいてもらうとよいでしょう。

ネット自動車保険

ネット自動車保険の場合には、保険会社に提出する書類はありません(ただし、ご契約の条件によっては、必要書類の提出が必要になる場合があります)。
お手続き時は、お手元に以下のものをご用意ください。

  • 車検証 または 現在の自動車保険の保険証券
  • 運転免許証
  • オドメーター(積算走行距離計)の値(一部の保険会社では、走行距離によって保険料が変わるため、入力が必要)

ネット自動車保険では、Webサイト上だけで申し込みが完結するため、申込書の郵送や捺印の必要がなく、申し込みにかかる手間も少なくなります。

初めての自動車保険、どのように検討したらよいの?

ここからは、初めて自動車保険に加入するとき、どのようなポイントで検討する必要があるのかご紹介します。万一の事故の際、事故対応を安心して任せられるのか、トラブルの際に利用できるサービスが充実しているのか、補償内容は万全か、これらを比較しながら自動車保険を選んでいきましょう。

事故対応

契約する自動車で事故を起こした場合は、保険会社が事故対応にあたります。初期対応の体制やスピードは、自動車保険を選ぶ際の大きなポイントとなるでしょう。また、安心して示談交渉を任せられる事故解決力があるかどうかも、自動車保険を選ぶ際に重要な要素となります。クチコミによる評判などを調べておきましょう。

サービス

自動車を利用していると、事故だけではなく急な故障や旅先でのトラブルなども発生します。いざというときに利用できるロードサービスが充実しているか、チェックしましょう。
また、警備会社による事故現場へかけつけるサービスを提供している保険会社もあります。例えば&eでは、セコム事故現場急行サービスを提供しています。万一の事故の際の不安を少しでも減らしたいとお考えの方は、このようなサービスの有無についてもチェックしてみましょう。

補償内容

基本的な補償は各保険会社とも用意していますが、事故の被害者になってしまったときにも事故解決がスムーズに行われる補償が充実しているかという観点でもチェックしましょう。
例えばもらい事故(お客さまに過失が全くない事故)では、保険会社がお客さまに代わって相手方と交渉をすることができませんが、そのような場合に備えて弁護士費用等を補償する特約が付帯されていると安心です。相手方がいる事故の3件に1件がもらい事故であるという統計もあるため(警察庁「令和3年中の交通事故の発生状況」から推計)、&eでは、お客さまのうち、8割以上の方が弁護士特約をつけています。(2023年度&eの契約データより)各社から提示される補償プランを見比べたうえで、補償内容について検討するとよいでしょう。

自動車保険は万一の事態に備えるものです。保険料だけで加入を検討すると、万一のときに十分な補償が受けられない可能性がありますので、ご自身で事故対応、サービス、補償内容などの観点で各社の自動車保険を比較・検討して加入しましょう。

監修:新井 智美

コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)のほか、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)をおこなうと同時に、金融メディアへの執筆および監修にも携わっている。現在年間300本以上の執筆及び監修をこなしており、これまでの執筆及び監修実績 は2,000本を超える。

資格情報: CFP®、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員