COVERAGES

基本の補償と選べる特約

対人賠償

交通事故でお相手を死傷させてしまったときに、治療費や慰謝料を補償します。

こんな場合に補償します

衝突事故で相手方のお車の運転手にケガをさせてしまった

衝突事故で歩行者を死亡させてしまった

なぜすべての契約に付帯しているの?

対人賠償事故では、裁判で高額な損害額が認定されるケースがあります。そのようなケースに備えて、&eではすべてのご契約に対人賠償がついており、保険金額を「無制限」にしています。

<高額な損害額が認定された事例>

事例1
認定総損害額
(※)
5億2,853万円
裁判所 横浜地裁
判決年 2011年
被害者性別年齢 男41歳
被害者職業 眼科開業医
態様 死亡
事例2
認定総損害額 4億5,381万円
裁判所 札幌地裁
判決年 2016年
被害者性別年齢 男30歳
被害者職業 公務員
態様 後遺障害
事例3
認定総損害額 4億5,375万円
裁判所 横浜地裁
判決年 2017年
被害者性別年齢 男50歳
被害者職業 コンサルタント
態様 後遺障害

出典 : 損害保険料率算出機構「2019年度 自動車保険の概況」

補償内容

ご契約のお車の事故により、補償の対象となる方が相手方のお車に乗車中の方や歩行者などを死傷させ、法律上の賠償責任を負う場合に、自賠責保険などによって支払われるべき額を超える部分に対して保険金をお支払いします。

お支払いする主な保険金

対人賠償保険金

被害者1名につき

保険金額:無制限

過失割合に応じて保険金をお支払いします。

死亡・後遺障害のケース

「逸失利益」、「精神的損害(慰謝料)」、「葬祭費」など

ケガの治療のケース

「治療費」、「精神的損害(慰謝料)」など

対人臨時費用保険金

被害者1名につき

15万円

相手方が死亡した場合に保険金をお支払いします。

補償の対象となる方(被保険者)

  1. 主に運転される方(記名被保険者)
  2. 1の配偶者
  3. 1または2と同居している親族
  4. 1または2と別居している未婚の子
  5. 1の承諾を得て、ご契約のお車を使用または管理中の方(ただし、自動車修理などを行う業者が業務受託中の場合は除きます)
  6. 1~5に関する事故で、1~5が責任無能力者である場合
    • 1~5の親権者
    • 1~5の親権者以外の法定の監督義務者
    • 1~5の親族のうち監督義務者に代わって1~5を監督する方
  7. 1の使用者(1がご契約のお車を使用者の業務に使用している場合に限ります)

保険金をお支払いできない主な場合

  • 台風、洪水、高潮によって生じた損害
  • 地震、噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
  • 当社以外の方との約定によって、加重された賠償責任を負担することによって生じた損害
  • 次にあてはまる方が死亡またはケガをされたことにより、補償の対象となる方が受けた損害
    1. 主に運転される方(記名被保険者)
    2. ご契約のお車を運転されていた方またはその父母、配偶者、子
    3. 補償の対象となる方の父母、配偶者、子
    4. 補償の対象となる方の業務に従事中の使用人
    5. 補償の対象となる方の使用者の業務に従事中の他の使用人(補償の対象となる方がご契約のお車をその使用者の業務に使用している場合に限ります)

基本の補償と選べる特約

基本の補償

相手方への補償

お車によるケガの補償

お車の補償

選べる特約