COVERAGES

基本の補償と選べる特約

車両保険

ご自身のクルマの修理費などを補償します。
事故だけでなく、台風や洪水もカバー。災害の多い日本にあった備えです。

こんな場合に補償します

衝突事故で自分の車が壊れた

台風で自分の車が壊れた

電柱に衝突して自分の車が壊れた
(限定タイプの場合は対象外)

みんなはどうしてる?

当社のお客さまのうち、約7割の方が車両保険をつけています。

タイプ

「一般」「限定(※1)」の2タイプからお選びください。
「限定」は補償の範囲が限定されますが、保険料は安くなります。ご自身のカーライフや予算に合わせてお選びください。

※1
「エコノミー車両保険特約」を付帯し、補償範囲を限定した車両保険をいいます。なお、保険開始日が2021年12月31日以前の契約については、「エコノミー車両保険(車対車+A)特約」を付帯した車両保険をいいます。
※2
保険開始日が2021年12月31日以前の契約については、相手方のお車がご契約のお車と所有者が異なる場合で、その登録番号・運転者または所有者が確認できたときに限り補償されます。
※3
保険開始日が2021年12月31日以前の契約については、補償対象外となります。

免責金額

事故により保険金を請求された際に、お客さまに自己負担していただく金額のことで、5つのパターンからお選びいただけます。
免責金額を高く設定した場合、事故時の自己負担額は高くなりますが保険料は安くなります。
「いざというときの自己負担をどこまで許容できるか」をお考えのうえ、免責金額をご設定ください。

保険金額

車両保険でお支払いする保険金の限度額です。ご契約のお車の「車両本体価格」「付属品(カーナビ・ドライブレコーダーなど)」「消費税」の合計額と、購入後の経過年数を考慮して決まります。
お見積もり時に当社でお引き受けできる車両保険金額が5万円単位で表示されますので、表示された金額の範囲内でお選びください。
新車を購入した際は特に、カーナビ・ドライブレコーダーなどの「付属品」も含めた合計額を目安として保険金額を設定すると良いでしょう。

補償内容

偶然な事故により、ご契約のお車や付属品に損害が生じた場合に、修理費などを保険金としてお支払いします。

お支払いする主な保険金

車両保険金

全損の場合

1事故につき

「車両保険金額」限度

  • お車の修理費が車両保険金額以上となる場合
  • お車が修理できない場合
  • お車が盗まれて発見されなかった場合

分損(全損以外)の場合

1事故につき

お車の修理費 ― 免責金額

  • お車の修理費が車両保険金額未満となる場合

補償の対象となる方(被保険者)

ご契約のお車の所有者

保険金をお支払いできない主な場合

  • 無免許運転、酒気帯び運転などによって生じた損害
  • 地震、噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
  • 詐欺または横領によって生じた損害
  • ご契約のお車に存在する欠陥、摩滅、腐食、さび、その他の自然消耗によって生じた損害
  • 故障による損害
  • パンクなどのタイヤのみに生じた損害(※4)
  • ご契約のお車に定着されていない付属品の損害(※5)
※4
ご契約のお車の他の部分と同時に生じた損害や火災・盗難によって生じた損害は補償の対象となります。
※5
ご契約のお車の他の部分と同時に生じた損害や火災によって生じた損害は補償の対象となります。

基本の補償と選べる特約

基本の補償

相手方への補償

お車によるケガの補償

お車の補償

選べる特約